銀行カードローンと消費者金融の利息を比較

消費者金融のカードローンと銀行カードローンではやはり金利を比べますと、銀行カードローンのほうが低金利なものが多いですよね。大手の消費者金融の金利が4.5%〜18.0%くらいの設定なのに対して、銀行カードローンのほうはというと大手銀行では4.5%〜14.5%前後くらいの設定のものが多くなっています。

 

とはいっても、銀行カードローンのほうは各銀行で金利設定がかなりばらついているところもあり、例えば、新生銀行カードローンレイクなどは4.5%〜18.0%と消費者金融並みになっていますし、なかには超低金利な住信SBIネット銀行のMr. カードローンプレミアムコースのように1.990%〜7.990%などという超低金利なものもあります。

 

低金利なカードローンほど貸し倒れリスクがありますから審査もそれだけ厳しくなるわけですが、それでもやはりカードローン評判を参考に比べますと、金利の低いものが多い銀行カードローンのほうが圧倒的に魅力的に映りますよね。

 

しかし、金利だけを比較していると大事なことを見落としてしまうかもしれません。というのも、そもそもなぜ金利が低いものがいいのか?といえば、金利が低ければそれだけ支払うこととなる利息額が少なくなるからですよね?つまり金利が低くなくても、結果的に支払う利息額が少なくなればいいわけです。

 

金利が高いのに利息が少なくなるなんてことはあるのか?と思われるかもしれませんが、無利息サービスを利用すれば、どんなに金利が低い銀行カードローンよりも利息を抑えることができるかもしれません。

 

無利息サービスはプロミスやアコムなどで提供していますが、始めての利用の方に30日間無利息でカードローンを利用することができるという初回入会キャンペーンのようなものです。

 

もし30日以内で完済するような場合には、つまりはその借入れにかかる利息は0円ということになります。これはどんな低金利なカードローンよりオトクですよね?

 

もちろん、これは1回限りのサービスですから、次借りるときにや30日を超えた部分は普通の金利の適用になります。そして半年以上など借入れ期間が長くなってきますと、30日間の無利息があったとしても、低金利なカードローンのほうが利息が少なくなるという逆転が起こります。

 

ですが短期間の借入れや単発の借入れ、始めてのカードローン利用などちょっとした使い道で利用したいという方には無利息という選択肢もおすすめなのです。

消費者金融仮審査

消費者金融でお金を借りたい時、まずは申し込みをして審査を受けることになります。審査に通らなければ当たり前ですが借り入れはできません。借り入れにおいて大変重要な点である審査は、必ず行われるとは分かっていても、どんな基準で実施されているのかは申し込み者には分からないものですね。

 

これは金融機関が「こんな基準で審査をしていますよ。」と公表してしまうことは、申し込み者が審査に通りたいがために自分の収入などをきちんと書かないことにつながり、審査をきちんと行うことができなくなってしまう恐れがあるからです。どんなローンであっても、どのような金融機関でも審査については知らせていませんし、審査結果の理由ももちろん教えてもらえないのです。

 

しかし、審査がどのように行われるかというのは、消費者金融の申し込みの手順などから知ることができます。消費者金融での審査は仮審査と本審査の2段階で行われることが多くなります。仮審査は事前審査などとも呼ばれ、お金を貸すことができるかどうか、またいくらぐらいまでの限度額を設定することができるのかということが決まる消費者金融が多いでしょう。

 

仮審査が可決となり本審査へ進むという流れになります。つまり仮審査で否決となると、もちろん本審査へは進むことができません。また仮審査が可決になったとしても、本審査で否決になることもあります。

 

仮審査でどのような点を審査するのかは消費者金融によって違います。申し込み者の年齢や職業など全てを点数化していき、決められた点数を超えていたら可決という判断をするところもあります。また、中には過去の借り入れや返済の履歴などを個人信用情報機関で照会することで、延滞履歴などが残っていなければその段階で仮審査通過と判断するところもあります。

 

仮審査する項目が少なければそのほうが通りやすいと考えてしまいますが、結局は本審査で詳細に確認した上で判断します。そのためどの消費者金融がどのような仮審査をするのかを知ったとしても、それが可決に繋がるというわけではないと考えておきましょう。